忍者ブログ

珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~

ホームページから始めてはや何年…。映画や演劇、ネット、i-Phoneを含めたモバイル端末(Windows Mobile)の面白げを探っていきます。でも、Windows Mobile から Windows Phoneの変化にはついていけそうもない。
HOME » 映画・演劇 » 映画「ノルウェイの森」    松山ケンイチの学生運動時代の映画
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ノルウェイの森 松山ケンイチ/菊池凛子90年代の大ヒット小説、村上春樹の「ノルウェイの森」がついに映画化。それによって、再度、ベストセラー小説に返り咲いた。「世界の中心で愛を叫ぶ」を追い抜く事になった。

松山ケンイチ主演だ。

映画自体は、学生運動時代という背景で、やる気のない主人公が妙に女性にモテるような感じ。
ある意味、小説通りなんだが、薄味かもしれない。

あの独り言のような台詞はあれでよかったのだろうか。


あまり原作が好きでない者の意見だけれど、こんな感じのストーリー(原作)が海外でも受け入れられていることが、不思議な気がする。

で、ハリウッド版の話は流れたんだっけ?


邦画「ノルウェイの森
監督:トラン・アン・ユン   原作:村上春樹
出演:松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、玉山鉄二、霧島れいか


→トラックバック
ガンまる日記:映画『ノルウェイの森』
琥珀色の戯言:映画『ノルウェイの森』感想
PR
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバックは下記のURLをコピーしてご利用ください
映画『ノルウェイの森』
※ホットヨガ(二三三回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 避難所に現
2011/05/01(Sun)23:42:15
ノルウェイの森
村上春樹の小説「ノルウェイの森」は1987年刊行以来累計発行部数が1000万部を超え国内小説発行部数歴代第1位を記録。その「ノルウェイの森」が遂に映画化を果たす。「ノルウェイの森」は最新作「1Q84」をはるかに凌ぐレベルの社会現象を80年代後半の日本に巻き起こしていた。...
2011/05/17(Tue)07:33:38
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
ちんちく
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞、ネット
自己紹介:
ホームページから始めて、もう10年。なかなかアクセスを集められませんが、まあ、マイペースでやっていきますよ。
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア

人気ブログランキングへ

ブログランキング

blogram投票ボタン

趣味 - シュミラン

フリーエリア
忍者ブログ [PR]
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~ All Rights Reserved.