忍者ブログ

珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~

ホームページから始めてはや何年…。映画や演劇、ネット、i-Phoneを含めたモバイル端末(Windows Mobile)の面白げを探っていきます。でも、Windows Mobile から Windows Phoneの変化にはついていけそうもない。
HOME » 映画・演劇 » 映画「築城せよ!」  地味なタイトルだが、いい掘り出し物作品
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画「築城せよ!」正直あまり期待していなかったが、思ったよりもよかった。
私的、今年のベスト3に入るであろう作品だ。
この古波津陽監督は34歳で、長編映画は今回初めてとなるようだ。

この映画の大きな欠点は、プロモーションに難があること。
ダンボールで城をつくる
この部分ばかり強調し、ストーリーについてはあまり触れられていない。そしてタイトルもシンプルすぎる。
しかも、最近の戦国ブームに対し、名もない戦国武将の話に過ぎない。
そのため、内容が伝わりにくく観る気になれない。
また、キャスティングも足を運ばせるような配役になっていない。


映画がはじまって、タイトルがスクリーンに映し出されるまでのつかみはOK。

ただし、ここからちと不安になる。映像に手ブレがあり、また映画監督としての粗さが感じられる。しかし大きく外してはいない。

最初の見所は、馬に乗った甲冑の侍らが商店街を移動し、役所内を馬で闊歩するところ。
このシュールさが、映画内容から推測されるとはいえ、たまらない。
そして、このシュールさこそが映画の魅力であり、監督も自覚しているのがうれしい。

このシーンから面白くなってくる。

ダンボールで作られた城ができたところは圧巻である。また、その壁があっさり壊れてしまうところのシュールさがいい。
城がほぼ完成し作業をしている人々が雑魚寝をしているシーンで、恩大寺隼人将のセリフ「まるで合戦の前夜のようだな」に対し、ナツキの「まるで文化祭の前日みたい」のセリフも、シュールでいい。

最後の演出がちと作りすぎる嫌いはあるが、かなり楽しめた。内容が違うとはいえ「鴨川ホルモー」を観た感想に近い。

欲を言えば、個々の周辺設定部分があまり活かされていなかったりするのが残念。
宴に招待するという部分や祝言や○○○祭りなど、せっかく用意したものがいつの間にか流れてしまっている。


公式サイト「築城せよ!
評価:★★★★★

ストーリー:
愛知県の田舎町の猿投町では、とある場所の扱いにもめていた。
幻の城:猿投城を復元し観光で村おこしを考える教授と、ペットボトル工場を誘致し村民の生活レベルの向上をはかる町役場とで。
そんなさなか、城の復元工事を行っている中で3人が古井戸の中に落ちてしまう。
生死の心配のされる中で、その3人は、しばらくして甲冑を着て現れた。
昔、城の築城中に謀反により死を遂げた地元の戦国武将 恩大寺隼人将 の成仏できない魂が憑依したのだ。そして、築城を命ずる。
材料も時間もない中で考え出された方法は、ダンボールで城を作ることであった。
建築学科の学生のナツキは、設計をまかされることになる。
はじめは、乗り気でなかった復元工事の人員や町民たちも、やがて心を動かされ城作りに協力するようになる。
ところがそれが面白くない町長は、ある計略を思いつく…。


監督:古波津陽
出演:片岡愛之助、海老瀬はな、阿藤快、江守徹
   藤田朋子、津村鷹志、ふせえり、木津誠之
   団長・安田大サーカス、アメリカザリガニ


→トラックバック
愛知工業大学開学50周年記念映画『築城せよ!』撮影日誌:クランクアップまであとわずか
象のロケット:築城せよ!
ITニュース、ほか何でもあり。by KGR:試写会「築城せよ!」
みゆみゆの徒然日記:『築城せよ!』(DVD)


おまけ:
瀬戸のイメージキャラクタ「せとちゃん」が突っ込みどころ豊富なゆるキャラでステキ
PR
TBありがとうございます。
なかなか良かったと思います。
あれだけ切った貼ったの段ボールが、
崩れると元の箱に戻ってしまうのは解せませんが、
それらは、枝葉末節。

ロケ現場に本当に城址があるのか探そうとしましたが、
場所が特定できませんでした。
長久手町、日進市がロケ地らしいですが、
何せこのあたりにはため池らしきものが多くて。
広井徹 URL 2009/06/07(Sun)14:39:19 編集
re:ロケ現場
ロケ地は猿投温泉金泉閣の敷地内だそうです。もともと金泉閣の社長が金閣寺を立てようと計画していたらしいのですが、バブルの終焉により断念されたようです。
珍竹燐 URL 2009/06/08(Mon)07:01:57 編集
TB失礼します。
こんにちは。

なにも知らず、期待もせずに見たのが良かったのか、私もとても楽しめました。
特に、そう「まるで文化祭の前日みたい」のあの件、上手く時代の差を切り抜いていたと思いました。
みかん星人 URL 2009/06/08(Mon)23:02:21 編集
はじめまして
こんにちは。
TBありがとうございました。

シュールな部分が面白く、かつ郷土愛も感じられる映画で好感が持てました!
もっとがんばれば良い映画になりそうなのが残念でもありますが、そこがよいのかなとも思ったりします。
みゆみゆ URL 2010/09/08(Wed)21:25:36 編集
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバックは下記のURLをコピーしてご利用ください
試写会「築城せよ!」
2009/6/5、明治安田生命ホール。 ここに会場時刻前に着いたのは、初めて。 10分前には、まだシャッターが下りていて シャッター前からB2へ、そして折り返してB1へと列が続いていた。 全体としては会場の半分ほどの入りか。 別々に現地へ向かった連れは、場所が分かりにくくちょっと迷ったようだった。 ***     片岡愛之助、海老瀬はな、江守徹、阿藤快、藤田朋子、津村鷹志、ふせえり *** お城ブーム、名古屋城築城400周年などに沸く愛知県。 愛知工業大学(AIT)の工学部建築学科、井原ナツキ...
2009/06/07(Sun)14:31:45
築城せよ!
町おこしと工場誘致の間で揺れる過疎の町・猿投(さなげ)に突然、甲冑姿の3人の武将が現れた。 無念の最期を遂げた猿投3万石の領主・恩大寺隼人将の霊が、冴えない役場職員・石崎に乗り移ったのだ。 恩大寺の“築城せよ!”のかけ声に、建築科の学生・ナツキはしぶしぶ協力するが、材料も予算もなく期間は満月までの3日間! もう段ボールしかない! 築城コメディ。
2009/06/09(Tue)00:02:18
『築城せよ!』
2009年6月20日からロードショー公開の映画『築城せよ!』を観た。 みかん星人
2009/06/09(Tue)15:41:39
築城せよ!
日本らしいチープさが目立つ本作は、古波津陽監督が自主制作した短編映画『築城せよ。』をセルフリメイクし長編化したもの。主演は歌舞伎役者の片岡愛之助。共演に海老瀬はな、江守徹、阿藤快、ふせえり、藤田朋子。愛知工業大学開学50周年記念事業でもあり、同大学が全面協力したそうです。正直いってあまり期待はしていませんが、コンセプトのくだらなさに惹かれて鑑賞してきました。(笑)
2009/06/27(Sat)00:02:58
映画:「築城せよ!」♪。
平成22年9月3日(金)。 映画:「築城せよ!」鑑賞&「トークショー」レポ。 【監  督】古波津陽 【キャスト】片岡愛之助(石崎祐一・恩大寺隼人将)・阿藤快(井原勘助・勘鉄斎)       江守徹(馬場虎兵衛)・藤田朋子(佐々木律子)・ふせえり(二本松…
2010/09/03(Fri)10:18:31
『築城せよ!』 (DVD)
 若手歌舞伎役者の中ではかなり好きな愛之助さんが主演ということと、ダンボールでお城を造るというストーリーが気になっていましたが、上映している映画館も少なく見られませんでしたが、昨年秋にDVDになったということでレンタルでチェック。 【あらすじ】築城せよ! - goo 映画より引用。 町興しのため、城を復元して観光客を誘致しようとする住民と、工場を建てて雇用を拡大させようとする町長一派が対立する猿投町。ある夜、遺跡の発掘現場で3人の戦国武将の霊がよみがえった。そのうちの一人の武将・恩大寺は城を建てるという...
2010/09/08(Wed)13:47:25
『築城せよ!』
築城せよ! 城の復元派 VS 工場誘致派 住民が対立する中、3人の落武者が 現れ、段ボールによる築城を目指す。 【個人評価:★★ (2.0P)】 ...
2010/09/11(Sat)03:55:10
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
ちんちく
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞、ネット
自己紹介:
ホームページから始めて、もう10年。なかなかアクセスを集められませんが、まあ、マイペースでやっていきますよ。
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア

人気ブログランキングへ

ブログランキング

blogram投票ボタン

趣味 - シュミラン

フリーエリア
忍者ブログ [PR]
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~ All Rights Reserved.