忍者ブログ

珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~

ホームページから始めてはや何年…。映画や演劇、ネット、i-Phoneを含めたモバイル端末(Windows Mobile)の面白げを探っていきます。でも、Windows Mobile から Windows Phoneの変化にはついていけそうもない。
HOME » 映画・演劇 » 映画「自虐の詩」   阿部寛、中谷美紀主演の映画
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

jigyaku.jpg映画公式サイト「自虐の詩
評価:★★★

元は4コマ漫画なんだが、どうも映画としてつくるとなると、作り手はドラマを作りたがるらしい。
そうやって、「デトロイト・メタル・シティ」のように原作の旨みを捨ててしまっているのではないかと心配になる(原作未読)。

…読んでみる必要がありそう。


悪くはないけれど、二昔前のありふれた映画のようになっている。
まあ、それがいいとも言えるが。
しかし、中谷美紀のバランス加減がいい。そして、ちゃぶ台返しにまつわる攻防戦もいい。


監督:堤幸彦
役者:中谷美紀、阿部寛、遠藤憲一、カルーセル麻紀、松尾スズキ、西田敏行


→トラックバック
アロハ坊主の日がな一日:映画[ 自虐の詩 ]
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て…の日々~:自虐の詩
gekka blog:自虐の詩

PR
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバックは下記のURLをコピーしてご利用ください
自虐の詩
業田良家の同名コミックの映画化作品です。原作は未読です。 ひなびたアパートに住む、イサオと幸江。イサオは元ヤクザで、無口な乱暴者。仕事もせず、酒とギャンブルに明け暮れる日々。内縁の妻である幸江がラーメン屋で働き、生計を立てていました。少しでも気に入らないこと
2009/05/11(Mon)23:17:07
映画[ 自虐の詩 ]
映画[ 自虐の詩 ]を渋谷シネクイントで鑑賞。 本作は日本一泣ける4コマ漫画、業田良家氏の同名コミックが原作の映画です。 無口で、乱暴者のパンチパーマをしたイサオと、そんなの男を愛し続ける、見た目からして不幸をいっぺんにしょいこんだような幸江との愛の物語。 監督は堤幸彦、出演は阿部寛×中谷美紀。この二人の主演作[ トリック ]、[ ケイゾク ]で、監督を勤めたのが、本作の監督でもある堤幸彦である。
2009/05/12(Tue)00:14:36
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
ちんちく
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞、ネット
自己紹介:
ホームページから始めて、もう10年。なかなかアクセスを集められませんが、まあ、マイペースでやっていきますよ。
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア

人気ブログランキングへ

ブログランキング

blogram投票ボタン

趣味 - シュミラン

フリーエリア
忍者ブログ [PR]
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~ All Rights Reserved.