忍者ブログ

珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~

ホームページから始めてはや何年…。映画や演劇、ネット、i-Phoneを含めたモバイル端末(Windows Mobile)の面白げを探っていきます。でも、Windows Mobile から Windows Phoneの変化にはついていけそうもない。
HOME » 映画・演劇 » 映画「9-ナイン- 9番目の奇妙な人形」
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ナイン 9番目の人形



「9-ナイン- 9番目の奇妙な人形」を観た。

あだち充とは関係がない。
ティム・バートン(プロデュース)の映画だ。

また同時期の豪華キャストの映画製作清華でもない。


とある博士が、終末に予め人形たちに自分の魂を吹き込み、その人形らが活躍する終末の世界の話。
その辺の説明もなく、なんとなく映画は始まる。

最近のCGよろしく、結構動きもいいがこれといったものはない。
結局、架空世界になっているので、ストーリーを充実させないと何でもありになってしまう。

ストーリーというかドラマを練って欲しかった。


洋画「9<ナイン> 9番目の奇妙な人形
評価:★★
監督:シェーン・アッカー
製作: ティム・バートン / ティムール・ベクマンベトフ

(9)革命家=イライジャ・ウッド
(8)用心棒=フレッド・ターターショー
(7)女戦士=ジェニファー・コネリー
(6)芸術家=クリスピン・グローヴァー
(5)エンジニア=ジョン・C・ライリー
(2)発明家=マーティン・ランドー
(1)リーダー=クリストファー・プラマー


→トラックバック
Movies 1-800:9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~
SOAR のパストラーレ♪:『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』…Over The Rainbow
5125年映画の旅:9<ナイン> 9番目の奇妙な人形
PR
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
トラックバックは下記のURLをコピーしてご利用ください
映画:9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~
 ティム・バートン監督のアリス・イン・ワンダーランドが人気ですが、そんなティム・バートンを驚愕させた短編アニメ『9』を長編アニメ化させた9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~を上映終了日に観てきました。
2010/06/26(Sat)11:38:00
『9 ~9番目の奇妙な人形~』・・・Over The Rainbow
原案となるアッカー監督自身の短編作品に惚れ込んだティム・バートンがプロデューサーを買って出たことにより生まれたという本作。ゆえに強烈なバートンっぽさがあるのかと思ったらそれほどでもなく、バートン好きの私はむしろそこに本作の魅力を感じた。
2010/07/02(Fri)23:31:12
9<ナイン> 9番目の奇妙な人形
人類が滅び去った世界。見知らぬ部屋で目覚めた、命を持った人形・9。彼は同じ人形の2に助けられるが、2はマシンの怪物・ビーストに連れ去られてしまう。9は他のナンバーを持つ仲間と合流し2を救出しようと考えるが、リーダーの1は仲間の安全を優先し危険を伴う救出...
2010/07/11(Sun)21:42:29
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
ちんちく
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞、ネット
自己紹介:
ホームページから始めて、もう10年。なかなかアクセスを集められませんが、まあ、マイペースでやっていきますよ。
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア

人気ブログランキングへ

ブログランキング

blogram投票ボタン

趣味 - シュミラン

フリーエリア
忍者ブログ [PR]
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 珍竹麟  ~映画とネットとi-Phoneなどモバイル端末の日々~ All Rights Reserved.