忍者ブログ
ホームページから始めてはや何年…。映画や演劇、ネット、i-Phoneを含めたモバイル端末(Windows Mobile)の面白げを探っていきます。でも、Windows Mobile から Windows Phoneの変化にはついていけそうもない。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

買ってはいけない/横浜税関資料展示室『横浜税関資料展示室』のハードコア展示にお役所の狂気を垣間見る

 開港150周年で盛り上がっている横浜ですが、どうも横浜という土地、筆者のようなスネた性格の人には眩しすぎます。綺麗な街並にオシャレなショップ、そして行き交う幸せそうなカップルや家族......このいかがわしさにほぼ無縁な街にいると、なぜか「場違いな所に来ちゃってどうもすみません」と謝りたくなるぐらいです。まだマリンタワーが営業していた頃は、あの時代遅れでB級感たっぷりの雰囲気が、個人的には横浜唯一のオアシスだったんですけどね。

 でもそんな横浜にも、アヤシイものたちにたっぷりと囲まれる意外なスポットがあります。歴史的な西洋建築物が並ぶ官庁街のエリアにある「横浜税関」...と聞くとアヤシイどころかお堅いイメージがありますが、その税関の1階にある「横浜税関資料展示室」は、まさに横浜の異次元空間。なぜなら、ここには税関を通過することができなかった、日本では違法となるものばかりが集められているのです。ある意味、日本で最もいかがわしいブツの密度が高い場所ともいえるでしょう。

 そしてその展示方法もなかなかイカレ......いや、イカしております。ちょうど『踊る大捜査線』のブームの頃にリニューアルされたせいか、モロにその影響が出ているようなのですが、今見ると『踊る~』のさらに元ネタのエヴァンゲリオンの方を連想する人の方が多いでしょう。

 特に「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ」みたいな感じで偽ブランド商品のコーナーに書かれた「買ってはいけない買ってはいけない買ってはいけない」の狂気じみた文字列には、誰もが圧倒されるはず。お堅い役所の展示室なのに、いわゆる"お役所仕事"とはかけ離れた、ぶっ飛んだセンスがいい感じです。

 ほかにもなんだか具体的すぎる覚せい剤や拳銃の隠し方(もちろん、こんなのマネしてもバレバレってことですけどね)や、やけに刺激的な密輸品の展示(床の一部がガラス張りになっていて、大量の武器や麻薬が置かれている)、さらにいかがわしさ爆発のワシントン条約違反の動物コーナー(希少動物のはく製や、かなりグロテスクなハンドバッグ、成金テイスト満点の象牙製品や毛皮などなど)にパチモノ製品の山...と、まさにカオスとしか言いようのない状況。ちょっと横浜はお行儀よすぎて物足りないなぁと思っている方には、ぜひともオススメしたいスポットです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
フリーエリア

人気ブログランキングへ

ブログランキング

blogram投票ボタン

フリーエリア

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]