忍者ブログ
ホームページから始めてはや何年…。映画や演劇、ネット、i-Phoneを含めたモバイル端末(Windows Mobile)の面白げを探っていきます。でも、Windows Mobile から Windows Phoneの変化にはついていけそうもない。
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>


                 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

                 格安タブレットカーナビとGoogleタブレット機 nexus7

NAVI SYSTEM


最近、タブレット端末を安く作る技術が出回っているせいか、タブレット型格安カーナビが普及しています。

そこで、Navi SystemのDT-1405Gというカーナビを買いました。
具体的なメーカーは不明で、中国製のようです。

必要な機能はそろっていて、GPSの位置信号もちゃんと捉えることができます。

でも、どうも操作性が気が利かない。
設定したことが記憶されず、毎回いちいち操作しなければならなかったり、要所要所で気になります。

そこで、オークーションで売却し、他のものを買うことを探してみました。

大抵のタブレットカーナビのOSは、おそらくAndroidだろうと思ううちに、いっそのことアンドロイド端末を買ってしまえということになりました。

そこで、nexus7に辿り着きました。
何でも、2012年版と2013年版があるようです。

すでに現行品でないこともあり、オークションで買いました。

なかなかGPSの捉え具合もいいようです。

PR
                 android端末GS02の終焉   Google Playが途中で停止
andoroid端末スマートフォンGS02が事実上使えなくなったことが判明しました。

Google Playというアプリを通じて、アプリをダウンロードするのですが、このGoogle Playを起動して個別ソフトの紹介画面に行こうとすると、メモリ不足と表示され、Google Playが停止してしまいます。

これでは、新規にアプリをインストールすることができません。

SDメモリカードが使える端末だったのに残念です。

ほんとに使い道がなくなったように思えます。
                 映画「踊る大捜査線 THE MOVIE ~ヤツらを開放せよ」  このころから
踊る大捜査線3 ~ヤツらを開放せよ~

映画「踊る大捜査線 THE MOVIE ~ヤツらを開放せよ~」を観ました。

踊る~らしく緩い感じで、いつもながら楽しくはあるのですが、映画としての大作感に欠けます。

湾岸署がお台場に移転するにあたり、引っ越しの責任者に任命された青島。
その中で、殺人事件などが起こり、ある計画がひそかに進んでいた。 という感じですが、キーマンはすでに登場しているハンニバル・レクターをモデルにしたような人物。

TV放送で見たためか、映画の番宣SP番組のように見えました。
まあ、実際、「踊る大走査線 THE FINAL 新たなる希望」の映画公開記念の放送ですが。

邦画「踊る大捜査線 THE MOVIE ~ヤツらを開放せよ~」 2010年

監督:本広克行
出演:織田裕二、深津絵里、ユースケ・サンタマリア、伊藤淳史、内田有紀、 小泉孝太郎、北村総一朗、甲本雅裕、寺島進、松重豊、小栗旬、柳葉敏郎

映画「マインド・ハンター」を観ました。

FBIプロファイラーの訓練で、最終試験として無人島での訓練を行います。
その中で様々な罠が作動し、連続殺人が起こる。犯人は、訓練生の誰なのか…。

サスペンスとしてはなかなかです。

が、キャストがマイナーなことと、動機とかの背景部分が伝わってこない感じです。

監督は、「ダイ・ハード2」のレニー・ハーリンです。

洋画「マインド・ハンター」 2004年

監督:レニー・ハーリン
出演:LLクールJ, ジョニー・リー・ミラー, キャサリン・モリス, ヴァル・キルマー, クリスチャン・スレイター

                 ブログを移行  珍竹鈴~映画とネットとモバイル機器の日々~
ブログを移行しました。

アメーバブログに移ったのですが、最近の流行りでトラックバック機能をなくしましたので、トラックバック機能のある、シーサーブログに移りました。

アメーバブログの読者登録機能(機能があって、その参加人口が多いため)は、魅力的なんですが。


新しいブログは、珍竹鱗 ~映画とネットとモバイル機器の日々~です。


シーサーブログにも読者登録があるのですが、ほとんど活気づいていないです。
                 映画「トイ・ストーリー2 ウッディの大脱出」 ウッディが博物館に!?
映画「トイストーリー2 ウッディの大脱出」を観ました。

ウッディが実はレア物のおもちゃだった。
そして博物館へと寄贈されることになったので、ウッヂィを取り戻せという話。

新キャラクターとしてカウガールのジェシーも登場し、宇宙飛行士バズの量産品も出て、にぎやかな内容になっています。

安定な内容なので、好きな人はぜひ。

洋画CGアニメ「トイ・ストーリー2 ウッディの大脱出

監督:ジョン・ラセター
声の出演:唐沢寿明、所ジョージ、日下由美

スマグラー 妻夫木聡, 永瀬正敏, 松雪泰子

アンフェア the answer」や「モテキ」が観たかったが旬を逃した気がするので、この「スマグラー」を観た。

結構いい映画だ。

ギャンブルで借金を重ねた役者をあきらめた主人公が、借金返済のための裏家業を紹介された。その仕事はなんと死体運び。その中で、背骨と呼ばれる殺し屋をやくざの元へ運ぶ仕事が頼まれるが…、というストーリー。

キャラクターが多彩で、「レザボア・ドッグスが好きな人にはお勧め」ということもよくわかる。
高島政伸のキレっぷりがすごい。

殺し屋背骨が超人みたいな動きをするのは残念。
拷問シーンが長く、それが苦手な人にはお勧めできない。


邦画:「スマグラー お前の未来を運べ
監督:石井克人    原作漫画:真鍋昌平
出演:妻夫木聡、永瀬正敏、松雪泰子、満島ひかり、安藤政信、阿部力、我修院達也、小日向文世、高嶋政宏
                 映画「インシテミル」 リアル鬼ごっこ系パニック映画
邦画「インシテミル」がTV放送された。
期待半分、不安半分で観てみた。どうも、「バトルロイヤル」「リアル鬼ごっこ」を思わせる嫌な予感もあった。

観た結果は、結局、何なのという感じ。シチュエーションパニック映画と思うとリアルさが足りない。栗山千明のブレイクみたいなものもない。

殺人ゲームを仕掛けた側も何も描かれない。何も得るものがない空虚な感じ。

こういう映画は、やらせ感を特に気を遣わなきゃいけないはずなんだが。

残念。


邦画「インシテミル」
評価:★
監督: 原作:
出演:藤原竜也、石原さとみ
                 映画「探偵はBARにいる」  大泉洋と小雪の薄幸さが光る

探偵はバーにいる 大泉洋、松田龍平


評判もよさそうなので見に行った。

ストーリーも悪くない。小雪の薄幸さをうまく活かしている。大泉洋もいい感じ。松田龍平もいいキャラしている。

結構面白いのだけど、なぜか新しいものを見た気がしない。作り手も昭和の刑事ドラマを意識している感じがある。
その辺が残念。

大泉洋が好きだという人向けなのかも知れない。


邦画「探偵はBARにいる」
監督:
出演:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行、
                 映画「神様のカルテ」  ハチの宮崎あおいから年を重ねても魅力健在

神様のカルテ 櫻井翔、宮崎あおい、池脇千鶴

ムービー・ウォーカーで評判が気になった「神様のカルテ」を見る。

救急医療病棟で日々仕事に追われる医師とその奥さんとまわりの人々の物語。

敬語で会話しあうような夫婦だが、それが映画全体の雰囲気としていい風になっている。
忙しい病院勤務も、殺伐とした感じにはなっていないし。


邦画「神様のカルテ
評価:★★★
監督:深川栄洋   原作:夏川草介
出演:櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、朝倉あき、原田泰造、西岡徳馬、池脇千鶴、加賀まりこ、柄本明
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
プロフィール
HN:
ちんちく
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞、ネット
自己紹介:
ホームページから始めて、もう10年。なかなかアクセスを集められませんが、まあ、マイペースでやっていきますよ。
アクセス解析
忍者アナライズ
フリーエリア

人気ブログランキングへ

ブログランキング

blogram投票ボタン

趣味 - シュミラン

フリーエリア

Designed by TKTK
Material by MIZUTAMA


忍者ブログ [PR]